Eメールでのお問い合わせはこちらへ

業者・法人様へ

グリロケブログへ

グリロケ伐採

2018年 10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
今日

ネットでのご注文は24時間受け付けております。
お電話でのお問合せは下記の時間帯にお願いします。
営業日時 月〜土曜 8:00〜17:00

※定休日はお休みをいただきます。その間のメールなどの返信は翌営業日以降となりますので、ご了承ください。

 

お庭GALLERY > 第1回お庭コンテストDX入賞兵庫県S様

<< 前のお庭写真 次のお庭写真 >>

入賞
兵庫県S様

before

before → after

















○お客様からのコメント

ワンちゃん達が走れる庭が欲しくて、山間部の広い土地を購入し家を建てました。(2009年3月入居)
砂地で斜面なので、入居直後の大雨で大量の土が流れ、なんだか怖かったことを、今でも鮮明に覚えています。
金銭的にあまり余裕がなく、当初、お庭作りはゆっくりのんびり取り組んでいくつもりだったのですが、そんなことがあって、急きょ土留めの為に、比較的安価なつつじを約450本植え、大量の芝を張りました。
つつじを選んだ理由は、垣根にもなるし、妻の故郷の市花で「つつじを見るとほっとする」と、以前妻が言っていたからです。芝はもちろんワンちゃん達のため。
“四季を楽しめる公園のような庭”をテーマに、シンボルツリーとして妻が大好きなもみじと、記念樹の桜などを同時に植栽。
しかし、それからが本当に大変でした。費用を少しでもセーブするために自分の余暇の8・9割を庭仕事につぎ込みました。土地が約300坪程あるので、植えても、植えても、土がむき出しの空間がなかなか減らず、肉体的にも金銭的にも苦労しました。
宅地造成後約20年放置され、ちょっとした雑木林だった土地ですから、しっかり張った雑木の根・先住民である雑草との格闘は、まさに気の遠くなる様な作業でした。毎日の水遣り・芝の手入れ・防虫・草抜き・イノシシ対策・畑の管理と、当然ルーティーンワークも日に日に増しました。
それでも、植物の生命力には驚かされます。ちゃんと地に足をつけて生きているその圧倒的な美には感動させられます。たった1年でしっかり根付き、四季を楽しめるようになりました。
目標の庭にも随分と近づいてきました。苦労して手をかけてきただけの、それ以上の喜びを得られます。癒されます。本当にうれしい限りです。この季節メンテナンスも大変になってきますが、妻とワンちゃん達とお花と緑の笑顔は、本当に、本当に最高です。またがんばろうと思います。

工夫したポイント
・植栽は、どのアングルから見てもバランスが取れること意識しました。「とりあえず植える」といった植栽を避け、必ず最終的なゴールをイメージし、植物の成長を予想するのもポイントではないでしょうか。植え過ぎには特に注意しました。また何かにつけて平面的でなく、立体的になるように工夫しています。
・非常に重いので運搬及び施工が大変ですが、御影石を使用して、BBQ用のプラットホーム・ちょっとした植木用の台・鉢などを作成しました。植栽だけではしつこくなりがちですが、良いアクセントになりました。石は業者だと高いが、自力だと安い!
・グランドカバーは芝・コニファー以外にも色々使用しましたが、苔もなかなか味があって良いです。根気は必要ですが、蒔き苔用の苔を安価で購入して、1本1本束ねて植えた結果、1度目の梅雨で綺麗に付きました。良く研究し、土を含めた環境作りを徹底しました。また、雑草等で汚くなりがちなバルコニーの下についても、苔をメインに造作を試みています。苔付きの石は近所の山に行って拾ってきました。実は苔マニアかも…。
・費用をセーブする為に、建築時の残資材の有効活用をしました。(ベンチ・デッキ等)
・四季を楽しめるよう、花の付く時期が異なる植物を選択しました。

◆使用されている植物・・・もみじなど

当社からのコメント

 施工前の写真から見るとおり何もないお庭だったのが、施工後の写真ではツツジの鮮やかな花の色や芝のきれいな緑に埋め尽くされましたね。
 芝や常緑の緑ばかりではなくツツジの鮮やかなピンク色やもみじの赤色がアクセントになっていると思います。グランドカバーに苔を使われるのも良い趣向だと思います。
 奥様の大好きなツツジは土留めとしても効果を発揮します。
 いろいろな考えを織り交ぜながら造られたお庭造りには工夫もあり苦労もあったことと思いますが、自力で作業をした分お庭への愛情は人一倍込められているのではないでしょうか。