植木販売のグリーンロケット
グリーンロケットのfacebookへ グリーンロケットのinstagramへ グリーンロケットのtwitterへ 植木販売のグリーンロケットへのお問い合わせは、電話0299-53-0030へ。
  • FAXからのご注文をご希望の方はこちらをクリックしてください
  • 簡易メールでご注文を希望の方はこちらをクリックしてください
■お盆休みの営業・配送スケジュールのお知らせ■
8月11日〜8月16日は、誠に勝手ながらお盆休みとさせていただきます。
この期間中、ご注文に関するご連絡・商品の発送・お問い合わせへのご返答などは7日以降順次となりますので、十分ご注意ください。
また、お盆休み後は配送業者の方で配送の物量が増加する見込みです。そのため、配送業者の各店所における到着・配達の遅れが予想されます。
お盆休み前後のご注文つきましては、到着ご希望は、余裕を持った到着日の指定をお願いいたします。
商品発送の際には発送完了のご連絡メールにて配送業者・お荷物のお問い合わせ番号をご連絡させていただきますので、何かございましたら配送業者までお問い合わせください。
お客様には大変なご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解・ご協力の程よろしくお願いいたします。
【お盆休み前の最終出荷予定日】
関東以外 8月7日
関東地方 8月8日
【以下のお届け期間は着荷日指定を承る事ができません】
8月11日〜8月18日
※地域によってはお届け日、お届け時間のご指定を承る事が出来ません。
※ご注文後にくる確認メールを必ずご連絡ください。
 

  • トップ
  • 【産地直送】種苗登録品種の赤梨! 「あきづき」 樹高1.0m程度 2年生

<< 前の商品 

【産地直送】種苗登録品種の赤梨! 「あきづき」 樹高1.0m程度 2年生

【産地直送】種苗登録品種の赤梨! 「あきづき」 樹高1.0m程度 2年生
【産地直送】種苗登録品種の赤梨! 「あきづき」 樹高1.0m程度 2年生

価格:2,376(内税円)

ショップポイント:71

【産地直送】【佐川急便】1360円より(※沖縄、離島は別途料金がかかります)※産地直送につき代金引換はご利用になれません。

数量:

売り切れました

商品についての問い合わせ
お気に入りに追加

商品詳細情報

※苗は季節により大きさが変わります。
※お任せ品につき誠に申し訳ございませんが、商品配送後の樹形・花芽の数等を理由としたキャンセルはご遠慮ください。

こちらの商品は産地からの直送にてお届けのため、以下のサービスをお受けすることができません。

苗タイプ
[typeB]
苗木タイプA
同じ苗タイプのものは同梱包が可能です。
1箱に同梱包することが難しい場合は、2箱以上でのお届けとなります。
同じ苗タイプの商品はコチラ »
配送料【佐川急便】1360円より ※沖縄、離島は別途料金がかかります。
こちらで詳細をご確認していただけます。)
1梱包当たりの最大個数2〜4ポット程度
※季節により最大梱包数が変わります。お問い合わせ下さい。
その他こちらの商品は季節により苗の大きさが変わることがありますが、品質に問題はありません。
何分大きさの変わる生き物ですので、何とぞご理解の上ご了承のほどよろしくお願いいたします。
梱包について「お客様へ少しでもお安い価格でのご提供」と「環境への配慮」の視点から、梱包にトレーを使用せず、またリサイクル段ボールの利用を行っております。
ご不便をおかけいたしますが、なにとぞご理解の上ご了承のほどよろしくお願いいたします。

商品詳細

特徴果重500g程度の大果!豊水と新高の間にできる赤梨です。
市場で流通しているものは早期摘み取りのため、家庭で作る樹上完熟の豊水とは味が違います!
2年生苗木は、1年生と大きさはあまり変わりませんが、根の量が違い根つきがいいのが特徴です!
収穫時期9月下旬-10月初め
※収穫時期などは、地域によって前後する場合があります。
実の大きさ500g位
※実の大きさは、地域や栽培方法などによって変わる場合があります。
糖度12-13度位
果実500gの大果!種苗登録品種です!
受粉樹必要(オススメの受粉樹:幸水
※1本で結実するものもありますが、より結実性を高めるために受粉樹を一緒に植えることをお勧めします。
栽培適地全国
育てやすさ育てやすい
鉢植え可能 8号以上
摘果時期6月下旬頃
摘果目安3〜4花芽に1果
樹高2〜3m
葉張り1〜3m
養分カリウム、カルシウム、リン、ナトリウム、鉄
おいしい梨をつくる為のポイント・自家結果性品種でもなるべく受粉樹となる木と一緒に植える。
・梨の栄養分やうまみはすべて、葉と根がつくりだす。梨づくりは葉づくり根づくり。(灌水・剪定・施肥・摘果に注意する)
※摘果とは、花芽の時期に一つの枝に一つの花芽(実)にするように他の花芽(実)を摘むこと。そうすることで栄養分が集中しおいしい梨になる。

梨の育て方

植え付け環境
乾燥に弱いので保水性と通気性の良い腐葉土やバークたい肥などを透きこんだ用土に植えます。
またマルチングなども効果的です。夏場は灌水をまめに行うようにします。

定植後約2〜3年で結果します。
肥料
収穫後〜落葉期までに、2〜3回ほど行います。
目安は、1回あたり化成肥料、または配合肥料でもチッソ分2キロ。適度な施肥がコツです。
植え付け時期・移植時期
植え付けは10月〜梅雨前。当社の品はポットに入っているため1年を通して植え付け可能です。
害虫・消毒など
赤星病、黒星病、黒班病、うどんこ病、アブラムシなどの病害虫が付きます。
病害虫は収穫後に発生する場合でも、越冬し春の新梢生育の妨げとなりますので、収穫後に、消毒薬を散布します。

消毒薬は、2月ごろに石灰硫黄合剤の散布が一般的ですが、現在ではその効果が見えにくくなっています。落葉後〜春までに有機銅キャプタン水和剤、デラン水和剤などによる数回の散布が効果的です

農薬は散布後、紫外線や土壌微生物などによって分解されますが適度な散布希釈倍率は必ず厳守するようにします。

※農薬を使わなくとも、実はなります。
灌水
90%が水分であるなしにとって、水不足は裂果を招きます。
7月に入り3日以上晴天が続く場合は、一度たっぷりと水を与えます。
摘果
まず、花を満開にさせると、葉の展開が少なく、養分を蓄えられず、おいしい梨ができない。
そのため、花がつぼみの時点で、枝の1年、2年枝(今年と前年に伸びた枝)のつぼみはすべて摘むようにします。

そうすることで、主枝を太らせ、おいしい実をつけさせるようにします。
また、花がなくなり実が膨らみ始めたころ、摘果をしますが、摘果の目安は、一つの根元から出ている花の群を花そうといい、1花そうに1つ残すようにします。成長してきたら、3花そうに1つ程度にしていきます。
剪定方法
まず収穫の事を考えて、地上0.7m位のところから主幹や強い枝を地上と水平に誘引し、収穫しやすくします。
こうすると、空にまっすぐ伸びる徒調枝が発生しやすくなります。

そこで剪定方法ですが、時期は秋の収穫後に行います。(具体的には9月頃)
まず、水平に伸ばした枝の上下同じ場所から生えている枝を探し、上向きに生えている枝を落とします。
次に、主幹を中心に水平に伸ばした枝の1/3以内の徒調枝をすべて落とします。
最後に、込み入った枝を落として、葉すべてに太陽が当たるようにします。

また、枝の先端は、軽く切り戻します。

その他の現在販売中の梨はこちら