ハウチワカエデ販売,庭木植木販売,八進緑産オンラインショップ

 

<< 前の商品 次の商品 >>

ハウチワカエデ 2.2m(根鉢含まず) hks22-20

ハウチワカエデ 2.2m(根鉢含まず) hks22-20 ハウチワカエデ 2.2m(根鉢含まず) hks22-20 ハウチワカエデ 2.2m(根鉢含まず) hks22-20
ハウチワカエデ 2.2m(根鉢含まず) hks22-20 ハウチワカエデ 2.2m(根鉢含まず) hks22-20 ハウチワカエデ 2.2m(根鉢含まず) hks22-20

価格:26,676(内税円)

ショップポイント:800

【送料】【西濃運輸】2090円より(※沖縄、離島は別途料金がかかります)

数量:
売り切れ

売り切れました

商品についての問い合わせ
お気に入りに追加

商品詳細情報

※写真撮影日(2013年5月28日)
※木の状態は季節により変化いたします。

※紅葉は個体差があります。色や時期などはその年ごとの環境や気候に大きく左右されます。

▼ お届けについて必ずお読み下さい ▼

樹木の幅は、各樹木の高さの寸法を参考にして下さい。
樹高2.5mのものは拡大時に約15cm程度で表示されています。
その際、拡大時の幅が高さの半分程度(7〜8cm)の場合、実際の幅は約1.25mぐらいになります。
※ただし、表示されている幅が一番広い部分とは限りません。

※最終樹高は環境により異なります。鉢植えや養分豊富でない環境では成長が遅くなります。

ハウチワカエデの育て方

植え付け環境

水はけのよい肥沃な土壌に植えます。日当たりが良く、かつ西日の当たらない場所を選びましょう。
西日をあてないことで8月末の落葉と幹がやけるのを防ぎます。
また、水はけのよい土壌をつくる場合、赤土か黒土に3〜5割程度腐葉土を混ぜ込みます。

肥料

定植時に有機性の緩効性肥料(鶏糞や油粕)を少量混ぜ込むと効果的です。
あとは木の成長状態を見て与えるようにします。もともとが山の奥深くで育った木ですので肥料はあまり必要ではありません。肥料を与えすぎると、葉が元気になりすぎて紅葉の際に綺麗な色が出にくくなります。

植え付け時期

真冬の落葉後が適期です。それ以外は8月を避けるようにすれば大丈夫です。
葉がついている時期に抵触する場合、定植後葉がしおれた時は、半分程度葉をむしって下さい。
そうすることで葉からの蒸散が抑制され、根が回復し、元気になります。

害虫・消毒など

害虫はほとんどつきませんがテッポウムシがつくことがあるので見つけた場合はその都度対応します。
テッポウムシの対処方法はこちらです。

剪定方法

夏前と秋以降に、なるべく細い枝は残し枯れた枝や太く伸びた徒長枝を元から切ります。
あとは全体のバランスを見ながらまとめましょう。

★ その他の現在販売中のハウチワカエデはこちら