カツラ 通販 kts26-11
植木販売のグリーンロケット
グリーンロケットのfacebookへ グリーンロケットのinstagramへ グリーンロケットのtwitterへ 植木販売のグリーンロケットへのお問い合わせは、電話0299-53-0030へ。
  • FAXからのご注文をご希望の方はこちらをクリックしてください
  • 簡易メールでご注文を希望の方はこちらをクリックしてください

お知らせ

日頃より、グリーンロケットをご愛顧いただき誠にありがとうございます。
2018年夏ころより告知させていただいておりましたが、この度グリーンロケットは、2018年11月30日に、新しいURLに引っ越しを致しました。
それに伴い、サイト全体をリニューアルし、今まで以上にお客様にご利用いただきやすいサイトを目指してまいります。
引き続き、リニューアル後のグリーンロケットもご愛顧賜りますよう、何卒よろしくお願いいたします。

お尚、こちらの旧サイトは、しばらくの間は、ご利用いただける状態を維持する予定です。その間、こちらでお買い物いただく事も可能です。
しかしながら、アカウントおよび、ご購入後のポイントにつきましては、予告なくサイトの閉鎖とともに消滅となりますので、何卒、ご理解ご了承の程、よろしくお願いいたします。

2018/11/30 RENEWAL OPEN!
グリーンロケットURL http://green-rocket.jp
 

 

【落葉樹】 カツラ 株立 2.6m程度(根鉢含まず) kts26-11

【落葉樹】 カツラ 株立 2.6m程度(根鉢含まず) kts26-11 【落葉樹】 カツラ 株立 2.6m程度(根鉢含まず) kts26-11 【落葉樹】 カツラ 株立 2.6m程度(根鉢含まず) kts26-11
【落葉樹】 カツラ 株立 2.6m程度(根鉢含まず) kts26-11 【落葉樹】 カツラ 株立 2.6m程度(根鉢含まず) kts26-11 【落葉樹】 カツラ 株立 2.6m程度(根鉢含まず) kts26-11

価格:13,800(内税円)

ショップポイント:414

【配送】【西濃運輸】送料:3700円分 弊社にて負担いたします。(送料が3700円を超える地域のお客様は、差額分のご負担をお願いいたします)※沖縄、離島は別途料金がかかります。

数量:
売り切れ

売り切れました

商品についての問い合わせ
お気に入りに追加

商品詳細情報

※写真撮影日(2017年12月19日)
※木の状態は季節により変化いたします。

▼ お届けについて必ずお読み下さい ▼

送料:3700円分 弊社にて負担いたします。
※送料が3700円を超える地域のお客様は、差額分のご負担をお願いいたします。

※沖縄、離島は別途料金がかかります。
※配送業者の都合や、その他やむを得ない理由により配送が連絡無しに遅れる場合がございます。植え付けの日が1日しかとれない場合などは、植え付けをする前日の希望指定をするなど余裕を持った配送指定をお願いいたします。

植木・庭木の安心枯れ保証についてはこちら
この商品は「6カ月枯れ保証」です。
皆さんに安心して植木をご購入いただくために、6カ月枯れ保証をつけさせていただいております。
木が心配な方へ「ワンコインで1年間の植木・庭木枯れ保証」のページはコチラをクリック
植木・庭木をご購入する際に1コインを追加していただくだけで、1年間枯れ保証いたします。

商品詳細

属性Cercidiphyllum japonicum カツラ科カツラ属
植栽環境北海道〜沖縄難易度初心者向き
タイプ落葉高木鑑賞時期花:4月〜5月 紅葉:10月〜11月
日照条件日向〜半日陰葉張り約3〜7m程度
最終樹高約10m〜30m程度
※最終樹高は環境により異なります。鉢植えや養分豊富でない環境では成長が遅くなります。
特徴葉の縁がゆるい波形で、可愛らしいハート型の形をしています。
山野や日当たりのよい谷間に見られる木です。
夏の強い日差しを和らげて木陰をつくる緑陰樹や街路樹等として利用されます。

カツラの育て方

植え付け環境
谷間、沢や湖沼の周辺など比較的湿潤な場所に自生し、湿り気があり腐葉土など腐植質のたっぷり入った肥沃な土を好みますが、乾燥気味の土でも問題なく育ちます。乾燥地ではやや枝が大きく張る傾向があるようです。土質は特に選びません。
肥料
2〜3月に堆肥や有機質肥料を株元に埋めます。
植え付け時期
植え付けの適期は落葉期ですが、寒さの厳しい時期はできるだけ避けましょう。植え付ける場所には堆肥や腐葉土をタップと混ぜて湿り気のある肥沃な土にしておきます。
害虫・消毒など
幹や枝の内部を食い荒らすテッポウムシが出ることがありますが、それ以外は特に見られません。
剪定方法
自然樹形(やや幅の広い円錐形)が美しいので、枯れた枝や重なって混みあっている枝など不要な枝を切る程度で充分です。
芽吹く力が強くよく枝分かれするのでスペースの関係上小さくおさめたい場合は枝を切り詰めます。枝を切る際は必ず枝分かれしている付け根の部分で行いましょう。中途半端な長さに枝を残すとそこから芽を吹いて葉が茂り、自然樹形が大きく崩れて見た目がおかしくなります。
剪定は落葉期の12月〜2月頃に行うのが基本ですが、花後の6月〜7月でも可能です。

その他の現在販売中のカツラはこちら