植木販売のグリーンロケット
グリーンロケットのfacebookへ グリーンロケットのinstagramへ グリーンロケットのtwitterへ 植木販売のグリーンロケットへのお問い合わせは、電話0299-53-0030へ。
  • FAXからのご注文をご希望の方はこちらをクリックしてください
  • 簡易メールでご注文を希望の方はこちらをクリックしてください

【重要なお知らせ】送料値上げに伴う商品の値上げとお詫び

平素より『グリーンロケット』をご利用頂きまして誠にありがとうございます。 お客様には大変心苦しいお願いとなりますが、この度配送料改定による商品価格の変更のご案内をさせて頂きます。

昨今、運賃や配送に関わるニュースが取り上げられておりますが、弊社にも春先より提携の配送業者様より運賃値上げの申し入れがございました。 値上げを避け、お客様のご負担にならないようぎりぎりまで経営努力に努めてまいりましたが、現状を維持することが大変困難となってまいりました。

つきましては、【2018年10月1日発送分】より、2m程度の植木等の【植木・庭木カテゴリー商品】の【商品価格を3000円前後値上げ】に改定させて頂く事となりました。 (その他のカテゴリー商品は、今回の値上げの対象となりません。)

日頃ご愛顧頂いておりますお客様にご負担をお掛けする事になり、深くお詫び申し上げます。
もしご検討中の商品がございましたら【2018年9月30日(日)着】までのご指定にてお買い求めいただけますようお願い申し上げます。 更なる品質、サービスの充実と向上に努めていく所存でございますので、何卒ご理解、ご協力をお願い申し上げるとともに、今後も変わらぬご愛顧を賜りますよう重ねてお願い申し上げます。

グリーンロケットスタッフ一同

 

<< 前の商品 

イヌマキ“匝瑳” ポット直径15cm

イヌマキ“匝瑳” ポット直径15cm イヌマキ“匝瑳” ポット直径15cm イヌマキ“匝瑳” ポット直径15cm
イヌマキ“匝瑳” ポット直径15cm イヌマキ“匝瑳” ポット直径15cm イヌマキ“匝瑳” ポット直径15cm

価格:2,160(内税円)

ショップポイント:64

【送料】【ヤマト運輸】1730円より(※沖縄、離島は別途料金がかかります)

数量:

かごに入れる

商品についての問い合わせ
お気に入りに追加

商品詳細情報

※写真撮影日(2016年5月)
※画像はイメージです。
※苗は季節により大きさが変わります。
※お任せ品につき誠に申し訳ございませんが、商品配送後の樹形・花芽の数等を理由としたキャンセルはご遠慮ください。

こちらの商品は種苗登録品種(登録番号第14868号)です。
ラベルをお付けして発送いたします。

▼ お届けについて必ずお読み下さい ▼

こちらの商品は配送の都合により、
◎「代金引換」を除く「カード決済」「銀行振込」「コンビニ払い」のいずれかにて決済をお願いいたします。
◎時間指定を承ることはできません。
◎納品書や明細書など、当社から発行されるものを同封することはできません。
 ※必要な方は、別途郵送させていただきますのでお気軽にお申し出下さい。
◎「当店からのご案内」はつきません。
なにとぞご了承下さいますようお願い申し上げます。

配送料【ヤマト運輸】1730円より
※沖縄、離島は別途料金がかかります。
ポットサイズ5号ポット(15cmポット)
その他こちらの商品は季節により苗の大きさが変わることがありますが、品質に問題はありません。
何分大きさの変わる生き物ですので、何とぞご理解の上ご了承のほどよろしくお願いいたします。

商品詳細

属性Podocarpus macrophyllus 'Sosa' イヌマキ“匝瑳”
マキ科 マキ属
タイプ常緑針葉樹
用途シンボルツリー、生垣、トピアリー、他
特徴新芽の葉色に鮮やかな赤色が出る品種です。
新芽の赤色はだいたい4〜6週間ほど続くので、鑑賞期間が長いのも魅力のひとつです。
普通のイヌマキと同様に丈夫で刈り込みにも耐えるので、生垣やトピアリーなどにしても美しいです。
千葉県匝瑳市にちなんで名前がつけられました。

イヌマキの育て方

植え付け環境
日当たりのよく水はけの良い場所が適しています。
耐寒性に優れ日陰にも耐えますが、暖かい地方で育ってきた木なので寒さは苦手です。寒冷地での植栽はオススメできません。
肥料
肥料はあまり必要とする樹木ではありません。
定植してから2ヶ月後くらいに、株元に油かすを少量撒く程度にします。
寒肥は2月ごろに油かすを与えます。
害虫・消毒など
アブラムシやカイガラムシがつくことがあります。見つけ次第早めに駆除します。
剪定方法
自然と樹形は整います。また 刈り込むこんで生垣にすることも可能です。
1本の木として仕立てるのであれば、込み入った枝を落とすくらいにします。
枝の途中で切るとそこから脇枝が出て樹形が整わなくなりますので、不要な枝は付け根から切ります。