りんご

りんごは古くから体に良い果物といわれています。
ブドウ糖、リンゴ酸、クエン酸などを含んでいるため疲労回復の効果があります!

日当たりを好むの果樹なので、よく日に当てて育成してください。

品種名 収穫時期 特徴
三島系ふじ 10月中旬〜下旬 日本のりんごを代表する晩生の品種。
つがる 9月上旬〜中旬 早生の品種で甘みが強い。受粉樹としても◎
王林 10月中旬〜下旬 黄色りんごの代表品種。
紅玉 9月中旬〜10月上旬 甘味が強く酸味も強い。
料理用、受粉樹として◎
陽光 10月上旬〜中旬 早生の品種で甘味が強い。
さんさ 9月中旬〜下旬 早生で着色・食味が良い。
千秋 9月下旬〜10月上旬 日持ちが良く、肉質も良い。
世界一 9月下旬〜10月上旬 りんごの中で一番大きい実がなる。
アルプス乙女 10月上旬〜中旬 小型のりんごがなり、味も良い。庭木にも◎
むつ 10月中旬 肉質は硬いが果汁が多く甘味が強い品種。貯蔵性も◎
スターキング 9月下旬〜10月中旬 独特の芳香があり、甘くて食べやすいりんごがなる。
矮性台/シナノスイート 9月下旬〜10月中旬 「ふじ」と「つがる」の交配種。
黄色っぽい果肉で果汁が多く酸味が少ない。
矮性台/三島系ふじ 10月中旬〜下旬 日本のりんごを代表する晩生の品種。
矮性台/王林 10月中旬〜下旬 黄色りんごの代表品種。
矮性台/世界一 9月下旬〜10月上旬 りんごの中で一番大きい実がなる。
矮性台/紅玉 9月中旬〜10月上旬 甘味が強く酸味も強い。
料理用、受粉樹として◎
矮性台/つがる 9月上旬〜中旬 早生の品種で甘みが強い。受粉樹としても◎

現品ラインナップ

全34件 並び替え:[新着順][価格順][おすすめ順]