植木販売のグリーンロケット
グリーンロケットのfacebookへ グリーンロケットのinstagramへ グリーンロケットのtwitterへ 植木販売のグリーンロケットへのお問い合わせは、電話0299-53-0030へ。
  • FAXからのご注文をご希望の方はこちらをクリックしてください
  • 簡易メールでご注文を希望の方はこちらをクリックしてください
 

害虫による食害の対処方法



  ★害虫による食害★

カミキリムシやテッポウムシ以外にも、幹や根を食い荒らし、中に穴をあけて木を枯れ死させるケースもあります。

多くは、木に重大な変化(枯れたり、樹勢が衰えるなど)が出るころには、すでに手遅れ・・という事になります。土の中だけにケアは難しいので、予防と早期発見・早期対応がカギとなります。


★被害がでる樹木★
 
・落葉樹全般
・常緑樹全般

 

 ★対処時期★

対処時期は、活動が活発となる5月〜10月です。
 
 ★用意するもの★

・土中浸透し殺虫および防虫可能な殺虫剤。
 


対処方法


木が虫から食害を受けた時、ほとんどの場合は足元に写真の様な木屑が出ます。
常に根元を見て、万が一虫が付いた場合でも迅速に対処できるようにします。

根本

虫食い跡


実際に写真上の木屑があった木が枯れていました。
木を折って、中を確認してみると案の定、食いつくされた跡があります。

しかし、木屑=手遅れではありませんので、愕然とする必要はありません。

土の中のことですので、100%完璧な対策はありませんが、
予防と早めの対策を心がけていれば、十分に枯れ死を防ぐことができます。
木の近くに行く時は、根本を見る癖をつけるといいでしょう!


他の根元の木屑から分かる食害の対処方法はこちら