• FAXからのご注文をご希望の方はこちらをクリックしてください
  • 簡易メールでご注文を希望の方はこちらをクリックしてください
植木販売のグリーンロケット
グリーンロケットのfacebookへ グリーンロケットのinstagramへ グリーンロケットのtwitterへ 植木販売のグリーンロケットへのお問い合わせは、電話0299-53-0030へ。

Eメールでのお問い合わせはこちらへ

業者・法人様へ

グリロケブログへ

グリロケ伐採

2017年 07月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
今日
定休日

ネットでのご注文は24時間受け付けております。
お電話でのお問合せは下記の時間帯にお願いします。
営業日時 月〜土曜 8:00〜17:00

※定休日はお休みをいただきます。その間のメールなどの返信は翌営業日以降となりますので、ご了承ください。

 

今このページを開いている方は、おそらく更地のお庭を前に
「これからお庭づくりをしなければならない」という
「楽しみ」もしくは「悩み」を抱えている事でしょう。

私たちは植木の生産者で、プロの庭づくり屋さんではないので
実際に更地から完成まで一貫してのお庭づくりをしたことがありません。

ですが、
今まで植木をご購入いただく過程で頂いた多くの質問
拝見させていただいた本当に数多くのお庭の写真
お庭の植栽工事などの現場経験
植木を生産している立場からの視点

から、
私たちなりに1からのお庭づくりのアドバイスができるのではないかと思っています。

もちろん、タイルの張り方やウッドデッキの作り方などの技術についてではなく

「なんとなく理想のお庭のイメージがあった」人が

「実際に更地のお庭を前にしたら、何から手をつけていいかわからなくなって」

「とにかく木を決めればなんか進むような気がしてネットサーフィンしていたら」

「ここに迷い込んだ」


そんな方に、お庭づくりの第一歩を掴んでもらえたらと思います。

庭づくりの考え方はとてもシンプル。

決めなければならないことをまず決めて、
残りは優先順位に従い消去法で決める。


それだけですので、
堅苦しくならず気楽にどうぞ。

まずは「どんなお庭が理想なのか?」
そのイメージを決める事から始めましょう。
そのイメージを決める為に、あなたのお庭のテーマを決めましょう。
テーマとは、「一番、優先すること」です。

例えば車で考えてみましょう。

どんな車を買うか選ぶとき、まず一番優先するものを決めますよね?
家族が多いからミニバンとか、燃費が良いから/経費が安いから軽自動車とか、パパの趣味でSUVはゆずれないとか。

スポーツカータイプのビジュアルで、SUV並みにどこでも走れて、8人乗りで、パワーは4.0Lクラスなのに燃費が軽自動車並みで100万円台。

という夢の車は残念ながら無いわけです。

庭も同じです。
自分の庭に一番何を望みますか?(とりあえず最初は希望を大きく!)

・里山の様な緑あふれる癒しの空間にしたい!
・みんながうらやましがるイングリッシュガーデン風にしたい!
・子供とペットが元気に走り回れる庭にしたい。
・休日は友人が集まって来るような大人の隠れ家の様にしたい!
・家庭菜園をしたい!
などなど、まず大切な事を一つ決めて、それに付随して他の希望を少しずつ付け足していきます。
そしてテーマは、言葉に落とし込むことが大切です。ノートに書いてみましょう。
ポイントは一言で書くということです。

例えば、

「子供が元気に走り回れるお庭」8割
「四季折々の花が咲き乱れる洋風のお庭」2割


と具体的に書きます。

もし、「家族が幸せに過ごせるお庭」というような抽象的な表現になってしまった場合は、
「具体的には?」という言葉で落とし込んでいきます。
 たとえば 右の図のような感じです。
(もちろん夫婦や関わる方皆さんとよく話し合いましょう。)

みんなで決めたテーマが書き込めればステップ1は完了です。

イメージが決まったら、車と同じように予算も決めましょう。だれでもお金はなるべく掛からない方がいいので
「なるべく安く」と設定するかもしれませんが、一旦は限界の金額を決めておくべきです。
決めないと、だらだらお金を使ってしまったり、節約するがためにいつまでもお庭が形にならないまま、
気付いた時には理想とは違う、そしてすでに取り返しのつかない状態になっている場合があるからです。

理想も予算も決まってる場合 理想も予算も決まっていない場合 理想は決まっていて予算が決まっていない場合

上の図は、理想のイメージと予算の関係を表してみました。
一般的には、理想の庭が驚くほど低予算で完成することは、まずないでしょう。
予算と理想のイメージは、正方形になるのが普通です。
①のように少し大きく理想のイメージを決めておいて、予算の上限と照らしながら、少し妥協して正方形にするのがベストです。
だらだらと作り始めると②のようになります。
③は予算の割り振りを決めていない時になりがちな状態です。
理想のお庭のイメージ(テーマ)と予算が決まったら、少しずつ具体的なお庭像に迫っていきます。

ここからは理想のお庭をビジュアル化していきます。
まずは日常生活をするのに不可欠な通路を決めましょう。
通路とは玄関から門までの通り道とその他実際に利用する通り道です。
この生活の導線だけは、テーマから離して考えても構いません。

通路の決め方

実用性を優先して考えてみてください。
ここで大切なのは、通路の決定は図面やイラスト上だけで決めない、
実際にお庭を歩いてお庭で決めてから、
図面やイラストなどに落とし込むこと
です。

プライバシーを守るためにも目隠しは必要です。
でも、本当に必要でしょうか?

窓の前=目隠し と思っていませんか?

目隠しはもちろん重要です。逆に言うと窓の前に常緑樹を置くことにより、
1年中家に入る光を少なくしたり、窓から見えるせっかくの風景を楽しめなくなったりします。

また、やたらに目隠しのつもりで大きな木を置くと隣のお家の日照をさえぎったりして問題になる場合もあります。(特に朝日)


そこで、目隠しが本当に必要かどうか、
家の中から窓の外を見てみましょう。

・意外と、一方向からの視界を防げばよいのではないですか?

・意外と窓の前におかなくてもよさそうではないですか?

このように、目隠しは「外からではなく、内から決めると良い」です。
そうすることで、「なんだ意外とそんなに気にならないね」というような事がでてきたりします。

また目隠しは、外から内を隠すだけでなく、
内から外を隠しても良いわけです。
(リビングからわざわざ見たくない風景…「電柱」「煙突」「派手な商業施設」などなど)

場所が決まったら、通路を決めたイラストに目隠しスペースを書き込んでいきます。

さて、日常生活に必須のスペース確保が済んだら、あとは残りのスペースへと着手していきます。

ここで重要な事は大きなものから決めていくという事です。
お庭の中で将来も含めて一番大きなものは植木です。まずは植木の植栽位置を考えます。

ご予算の許す限りであれば、初めからなるべく大きな木を植栽してください。
なぜなら、大きな木はお庭を広く見せる効果があることと、将来の枝張りの予測ができるので
ご近所さんに迷惑をかけない場所に配置できること、そして樹形も自然と整うので
メンテナンスが少ないというメリットがあります。

将来大きくなる高木の苗木を壁際に植えてしまうと、将来的にお隣さんにご迷惑な樹形に
育った場合、相当な手間がかかります。

大きい植木の植栽位置の考え方としては、まずリビングの窓からどんな景色がみたいか?というイメージから考えていきます。

先程、イメージは
「子供が元気に走り回れるお庭」 と決めました。

それを元に考えると、
左のようなイメージが湧いてきました。
それを平面に置き換えて、これまでのイラストに書き込んでいきます。
だいぶ具体的になってきました。
ここから植栽位置を決めていくわけですが、平面だけで決めてしまうと非常に単調な植栽になってしまいます。
高木・中低木、下草類をバランスよく配置することがポイントですので植栽する地面だけで考えず、立体的に考えておきましょう。

これで庭のレイアウトが決まりました。

ここまで来て初めて具体的な樹種や小物などを決めていきます。
お庭の雰囲気の例はこちらからリンクを張っていますので、読み終わった後にサイトこちらのリンクから飛んでください。

ナチュラルガーデンへ 人気の雑木風の庭へ モダン和風の庭へ
日陰を生かす庭へ 狭さを生かす庭へ  

雰囲気が決まれば樹種が決まってきます。ここで最後に一つだけお願いがあります。
植栽スペースの環境を確かめておいてください。

難しい事ではありません。環境は以下の4つに分かれます。

乾燥した日向、湿気のある日向、乾燥した日陰、湿気のある日陰。

これはそこの土を触れば分かります。
また、足元が日陰でも上の空間が日向である場合があります。

これを把握して、条件に合う植物を植栽することで元気にすくすく育ってくれるので
これがローメンテナンスガーデンへとつながっていきます。

また、雑草防除に関する考え方もローメンテナンスガーデンにてご紹介しています。
これはどのお庭づくりにも共通する考え方ですので、ご参考にしておくとよいと思います。

ローメンテナンスガーデンへ

後は好きな植物や小物を組み合わせていくだけで、理想のお庭は完成していくでしょう。


いかがでしたでしょうか?

全体のレイアウトができれば、後はご予算に合わせて装飾していくだけです。
その装飾には是非、あなたらしさというものを全面的に表現してください。

5分くらい前にあなたの頭の中にあったモヤモヤが、少しでも晴れていれば
とてもうれしく思います。

さあ、ステップ1に戻ってお庭づくりをスタートさせましょう!
あっ、ペンとノートもお忘れなく。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。